お気軽にお問い合わせを 東京窓口 03-6206-6466 関西窓口 075-365-0571 03-6206-6466 075-365-0571

お問い合わせフォーム

Graphicセクション-スタッフブログ

【デザインの裏側】会社案内カタログ制作と多言語化

2020年11月 9日

 

今回は、会社案内と多言語のレイアウトについてご紹介します。

わたしはデザイナーとして、アートディレクションとレイアウトを担当しました。

 

はじめに:クライアント様について

クライアント様は、尿素水品質センサー&燃料品質センサーの設計・開発・製造するメーカー様。

自社で制作された簡単な会社案内しかなく、初めての本格的な会社案内のご依頼でした。

 

制作1:クライアント様の要望

クライアント様よりテキストで入れたい内容や製品の特徴イメージをお聞きしました。

ビジュアルイメージはかっこよくと、リクルートでも使用できるよう社員様、社屋、製品の撮影などをしたいとのお要望でした。

 

制作2:撮影

ビジュアル(レイアウト)と撮影が同時進行だったため、

カメラマンと営業に会社案内で必要になるであろう撮影カットを依頼します。

クライアント様の本社・工場や社員様の撮影を広島県三次市にお邪魔しロケ撮影しました。

satueian.pngのサムネイル画像 

制作3:和文の会社案内

会社案内の基本コンセプトとして商品の特徴が環境問題に関係する製品なので、全体のキービジュアルは地球をイメージする「円」、キーカラーを「ブルー」としてレイアウトを考えていきました。

sun_a_omote1.png

 sun_a_naka3.png

 

 

制作4:英文の会社案内

和文が出来上がってから、文書を翻訳し英文のレイアウトしていきます。

和文の方では日本人がイメージしやすいよう和製英語を使用していたので、

実際英文に翻訳するとその言葉が使えなかったり、英文にすると文字量がかなり多かったりするのでレイアウトは一足飛びにはいきませんでしたが、なんとか完成にたどり着きました。

sun_a_naka1.png

 

JPCなら各クライアント様の制作物を、担当したグラフィックデザイナーが継続して別の案件も担当させていただくことも多く、製品やクライアント様の想い、各業界の動きなども随時把握して制作を行っています。

撮影、コピー、グラフィックデザイン、Web、映像制作、3DCG、Web広告など、

約40名のあらゆる分野の制作エキスパートが全力でサポートいたします。

大阪・神戸・京都といった関西圏はもちろん、首都圏の皆さまも東京オフィスがございますのでまずはお気軽にご相談ください。

CONTACT \まずは気軽にお問い合わせください!/ カタログ、店頭什器、展示会などに関するご依頼・見積もり・相談は今すぐこちら

JPCでは広告制作に関するあらゆるご相談に社内一貫体制で即座に対応。
ご依頼・見積もり・各種相談は、まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合せフォームからのご相談はこちらへ