お気軽にお問い合わせを 東京窓口 03-6206-6466 関西窓口 075-365-0571 03-6206-6466 075-365-0571

お問い合わせフォームWEB商談も対応中!

グラフィックセクション スタッフブログ

三つ折りリーフレットのデザイン制作事例-大人女性向け高級化粧品

2024年7月 4日

スマートフォンやパソコンを通じたデジタル広告は便利で即効性がありますが、リーフレットはその特有の実体感と質感によって、デジタルでは得られない独自の効果があります。手に取ってじっくりと見てもらえるリーフレットは、読者との直接的な接点を生み出し、そのブランドや商品の魅力をリアルに伝えることができるのです。

特に高級感のある商品においては、リーフレットの価値はさらに高まります。リーフレットなら、製品の上質さや細部のディテールを伝えられるため、デジタル広告では味わえないリアリティを提供できます。

また、リーフレットは、店頭イベントで直接配布することが可能で、ターゲットとなる顧客にダイレクトにリーチできるだけでなく、受け取った人が何度でも見返すことができるという持続的な広告効果を持っています。

 

今回のブログでは、化粧品の三つ折りリーフレットのデザイン制作事例をご紹介いたします。三つ折りという紙面構成を活かし、商品の魅力を最大限に引き出すレイアウトで、紙ならではの見せ方にこだわりました。

新商品の販促をお考えの方や、リーフレットのデザイン制作に興味をお持ちの方は、ぜひこの記事を最後までお読みいただき、参考にしてください。


三つ折りリーフレットのデザイン制作の概要

まずは今回の三つ折りリーフレットデザイン制作プロジェクトの概要をお伝えいたします。

 

ご依頼主-東京都渋谷区の美容関連企業-

ご依頼いただきましたのは、東京都渋谷区に本社を構えるトータルビューティーの総合コンサルティング企業様です。この企業様は、補正下着を中心に全身の美をサポートする製品とサービスを提供されています。全国に約740店舗展開し、広範なネットワークを通じて多くのお客様にご愛顧されています。

今回は、以前の実績をきっかけに数年ぶりのご依頼をいただきました。

 

ご依頼内容-リニューアルした商品の販促アイテム-

今回ご依頼いただきましたのは、リニューアルされた美容液を告知する販促アイテムです。三つ折りリーフレットをはじめ、ポスター動画などあらゆる販促の制作をご依頼いただきました。

リニューアルのため、これまでのブランドイメージをくみ取りつつ、新しくなったことも打ち出すために、新しい見せ方をしたいとのことでした。

特に、今回のリニューアルされた独自の新技術である『プラセンタ×発酵』をしっかり訴求することと、パッケージのデザインにあしらわれている金箔のイメージで全体的に高級感を演出してほしいとご要望をいただきました。

高級な価格帯の商品ということもあり、ターゲットは、洗練された大人世代である、40~70代の女性です。

今までこの商品を使っていたお客様には新しくなったことを伝えてリピートしていただき、また、これまで使ったことのない新しい顧客にも「使ってみたい」と効果を期待していただけるイメージ作りを目指しました。

 

デザイン制作時のポイント-商品の高級感を演出-

今回のリーフレットのデザイン制作のポイントは、以下の通りです。

まず、ブランドイメージを継承しながらも新しい要素を取り入れ、リニューアルの要素を強調することで新鮮で魅力的なビジュアルを提供しました。

次に、新技術である「プラセンタ×発酵」を視覚的に強調し、その効果やメリットを明確に伝えるため、アイコンキャッチフレーズを活用しました。

ご要望いただいた高級感の演出としては、パッケージデザインの金箔要素を取り入れ、高級感を強調しました。

ターゲット層である洗練された大人世代(40~70代女性)の嗜好やライフスタイルを考慮し、エレガントでシンプルなデザインを心掛けました。

さらに、リニューアルのポイントを既存のユーザーに明確に伝えつつ、新規顧客にも訴求力のあるデザインを採用しました。

出来上がった紙面はこちらです。
完成リーフレット0704.jpg

次章から、具体的な制作の流れについて、ご説明いたします。

 

三つ折りリーフレットのデザイン制作の流れ

まずは、メインで使用する三つ折りリーフレットのデザイン制作に取り掛かりました。コピーライターが、全体の構成やコピーを考え、それをもとにデザインを組んでいきます。三つ折りリーフレットの制作過程で表紙となるキービジュアルを作成し、ポスターは、そのデザインを流用する形で展開しました。

 

三つ折りリーフレットの表紙デザインの提案

まず、企業様のこれまでの商品イメージと今回のリニューアルのアピールポイントについて、詳細なヒアリングを行いました。ヒアリングの際には、ブランドイメージや好み、スタイルなどを深く理解するために、過去の制作物や公式ウェブサイトも細かく調査しました。それを基に、キービジュアルとなるリーフレットの表紙デザインを構築しました。

リニューアル商品の表現では、従来のブランドイメージを踏襲しながらも、新しい要素を取り入れることを心がけました。キーカラーは、パッケージボトルのカラーであるネイビーを採用し、全体のトーンを引き締めました。ネイビーは、製品の高級感と信頼性を象徴し、視覚的に強い印象を与えます。

さらに、デザインのアクセントにご要望いただいていたパッケージとリンクする金箔イメージのゴールドを使用しました。ゴールドは、リッチで洗練されたイメージを与える色であり、ネイビーとの組み合わせで一層の高級感を演出します。パッケージデザインの金箔と調和し、全体的な統一感を持たせる役割を果たしています。

提案した表紙デザインは、こちらの2案です。

表紙デザイン提案0704.jpg

 

最終的には、左の金箔のイメージがより強い案を採用いただきました。

 

 

三つ折りリーフレットの構成とコピーの制作

三つ折りリーフレットの構成では、ヒアリングでお聞きした情報や提供いただいた資料を基に、コピーライターがリーフレットの構成と内容をまとめました。

商品の特徴やブランドイメージ、ターゲットとなる消費者層を総合的に考慮し、リーフレット全体のストーリーラインを構築しました。企業様と何度も確認を重ね、フィードバックを反映させながらブラッシュアップを行い、最終的な原稿を完成させました。

 

リーフレットのページ構成は、下記のとおりです。

 

表紙を開けて、一番初めに目につく内側左ページ:

内側左ページには「信頼から革新へ」というキャッチフレーズを縦書きで配置し、製品の革新性をアピールしています。スポイトで液体を取り出した製品画像と、「乳酸菌分解プラセンオーリー発酵液 誕生。」というシンプルでインパクトのあるメッセージが、新商品の誕生を強調しています。

内側左ページ0704.jpg


その隣に配置される内側右ページ:

内側右ページでは、「プラセンタ×発酵」というキーワードで独自の技術を強調しています。「角層からみずみずしいハリツヤ肌へ」というメッセージで技術の具体的な効果を伝え、詳細な成分説明を行っています。

デザインは、表紙のイメージを引き継いだネイビーの背景にゴールドの装飾が施され、高級感と統一感を保っています。全体的に、表紙側は紺色、中面は商品の液体色である淡いゴールドをベースカラーとして採用しました。淡いゴールドを基調とした背景により、商品の質感や色味がより際立つように工夫しています。

内側右ページ0704.jpg

内側右ページをさらに開いて見える内側中央ページ:

内側中央ページでは、「美しさを引き出す成分が凝縮」というタイトルで製品の成分や効果を詳しく説明しています。具体的な効果を円形のアイコンで示し、視覚的に理解しやすい構成にしています。また使用シーンを示すモデルの画像を配置し実際の使用感をイメージしやすくしています。「美容成分をまっさらな肌にチャージ」というセクションで成分の詳細とその効果を説明し、製品の使用ステップを図解して簡単に理解できるようにしています。

 

また、リーフレットの限られたスペースに情報を詰め込みすぎると、読者が情報を消化しきれず、興味を失ってしまう可能性があるため、重要なポイントをシンプルかつ明確に伝えることを優先し、文章量を工夫することで適度な余白を持たせて視覚的にも読みやすいデザインにしました。

 

 

商品撮影&モデル撮影

レイアウトが完成すると同時に、撮影の準備を進めました。

今回はスチール撮影と動画撮影を同日に行ったため、動画担当者やカメラマンと何度も打ち合わせを重ね、商品のアングルやライティング、モデルのメイクや衣装などの詳細を共有して、当日の進行がスムーズにいくように、香盤表を作成しました。

まず商品のスチールカットと映像用のイメージカットを撮影、その後モデルのスチールカットと映像用のイメージカットを撮影しました。スチールとムービーではカメラやライティングが異なるため、その度にセットチェンジを行います。効率よく進めるためにも香盤表が必要なのです。

 

撮影されたデータの納品後は、レタッチ作業に入りました。どんなに注意して撮影しても、化粧品パッケージやモデルカットにはレタッチが必要になります。

撮影素材レタッチ0704.jpg

商品ボトルの画像は、映り込み防止の黒いボードを削除し、背景を均一に整えます。またボトルの光の反射を抑え、製品ロゴやディテールがよりクリアに見えるように、色合いも均一で美しい発色になるよう補正しました。

モデルの画像は、肌の色味が暗く影が強く出ている部分を改善し、肌のトーンを明るく均一にして透明感を増しました。影を抑え、モデルの表情を柔らかく見せることで、全体的に自然な美しさを強調し、製品の使用感をよりリアルに伝えるようにしました。

これらのレタッチ作業によって、製品の効果を視覚的に強調しています。

 

 

三つ折りリーフレットの完成と他媒体展開

レタッチ後、完成した画像をリーフレットポスターに反映し、動画用の素材としてもキービジュアルを共有しました。ポスターでは、リーフレットのキービジュアルをそのまま使用し、商品とキャッチコピーをセンターに配置することで商品の自信と高級感を強調しました。

 

完成したリーフレットやポスターは、先方にも大変好評をいただき、全国のサロンや展示会などで幅広く使用される予定です。

完成したリーフレットとポスターはこちらです。

 完成リーフレット0704.jpg

 

三つ折りリーフレットのデザインのコツ

三つ折りリーフレットのデザインには、重要なポイントがあります。ここでは、効果的なリーフレットを作成する際のコツをご紹介します。

 

ストーリーを持ったページ構成

三つ折りのリーフレットのページ構成は、ストーリー性を持たせることが非常に重要です。読者がリーフレットを開いたときに、情報が自然な流れで伝わるように設計することで、より内容を理解しやすくなります。

例えば、最初のページでは製品の主要な特徴や革新性を強調し、次のページでは詳細情報や使用方法、効果などを紹介することで、読者の興味を持続させながら深い理解を促すことができます。

また、文字量を適度に抑え、余白を活用することで視覚的に見やすいデザインを心掛けることも重要です。

一般的には、以下のような構成が効果的です。

  • 扉ページ:製品やサービスの主要な特徴を強調し、読者の関心を引きつける。
  • 中面ページ:詳細な情報や使用方法、効果などを段階的に説明する。
  • 最後のページ(表4):まとめと行動喚起(問い合わせ先や購入方法など)を配置する。

 

視覚的に惹き付けるデザイン

視覚的なデザイン要素は、読者の関心を引きつけるために非常に重要です。たとえば、ブランドカラーやフォントを統一し、全体的に一貫性のあるビジュアルを作り上げると良いでしょう。もし可能であれば、上質な紙や光沢のある仕上げを採用することで、リーフレットを手に取ったときの触感も演出することができます。

さらに、以下の点に注意すると、より効果的なデザインが可能です。

  • 色彩とフォントの統一:ブランドカラーやフォントを統一することで、全体的な一貫性を持たせる。
  • 高解像度の画像:製品や使用シーンを高解像度の画像で表現し、視覚的なインパクトを高める。
  • 余白の活用:過剰な情報を避け、適度な余白を持たせることで、重要な情報が際立つデザインにする。

 


三つ折りリーフレットのデザイン制作のまとめ

今回のプロジェクトでは、高級化粧品のリニューアルに伴う三つ折りリーフレットのデザイン制作を行いました。

ブランドイメージの継承と進化、新技術の訴求、高級感の演出、ターゲット層の理解、リピーターと新規顧客の獲得、一貫性と統一感を重視し、全体的なデザインを仕上げました。

その他のリーフレット制作事例は、こちらをご覧下さい。JPCでは、今回のようなリーフレットの制作をはじめ、さまざまな商品の魅力を最大限に引き出すデザインを提供いたします。

豊富な経験と実績を持つ私たちに、ぜひお任せください。まずはこちらよりお気軽にお問い合わせ下さい。

完成リーフレット0704.jpg

CONTACT

\まずは気軽にお問い合わせください!/

通販カタログ、店頭ディスプレイ制作などの
ご依頼・見積もり・ご相談はJPCにお任せください

JPCでは広告制作に関するあらゆるご相談に社内一貫体制で即座に対応。
ご依頼・見積もり・各種相談は、まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合せフォームからのご相談はこちらへ