セクションのご紹介 広告制作にかける想い。

ABOUT US 会社概要

System 業務効率を改善し、利益を生むシステム開発。 商品開発部 斉藤 裕

システム開発事業スタートのきっかけ
ITのチカラで当たり前だったものに革新を

JPCの企業ミッションは、最速かつローコストでクライアントさまに広告サービスを提供することです。
そして、そのミッション達成の為には、多くの制作スタッフが迅速にクライアントさまのご対応をできるような制作体制を整えることが必要不可欠です。そのため、JPCでは継続的にITのチカラを駆使することで、今までは当たり前だと思っていた業務に改良を加え、作業時間の短縮を図り、大幅な業務効率改善を行っていくことで、企業ミッションの達成を図っています。ITのチカラとは、このように今まで当たり前すぎて気付いていなかったり、既に顕在化している非効率業務に革新を与えることで、企業の利益をうむものだと思っています。
そして、それをきっかけに真の意味でクライアントさまの発展のお手伝いができるパートナー企業となるべく、
JPCのシステム開発事業がスタートしました。

BB-ANALYTICS 誕生秘話

Webシステム開発事業の役割としては、200社を超えるクライアンの担当者さまとお話させていただく中で、ご相談いただくお悩みや、担当者さまがまだ気付いていないお悩みに対して、最適な解決案をITのチカラを駆使してご提案することだと思っています。そして、ときにはクライアントさまのお悩みをヒントに自社製品が誕生することもあります。
例えば、JPCのヒット製品「BB-ANALYTICS」はBtoB企業のご担当者さまが「サイトに訪れたユーザーのデータをどうにか営業に活用できないかな?」とおっしゃったことが発端でした。
そして、そのお悩みを解決できるようなアクセス解析を開発できないか、そしてどのような機能があればBtoB企業のお役に立つものになるかという視点で開発がスタートしました。現在Ver.2として、リリース時搭載機能からさらに役立つ機能を追加し、ASPサービスとして運用いたしております。
機能について簡単にご説明いたしますと、「サイトに訪問した企業名の判別」機能を中心に、新規営業開拓に役立てて頂け、より効率的に営業を行えるような「企業ごとに閲覧したページ」を知れるようにすることで、その企業さまの関心の絞り込みを行うというような活用方法を想定した機能も盛り込んでいます。詳しくは「BB-ANALYTICS」のサイトをご覧ください。

時代の流れと共に
最適なアドバイスができる会社でありたい

昨今では、商品カタログやシラバス等の作成時には、グラフィックデータを使用した「電子カタログ」の導入により、ペーパーレスに関するご提案をすることもよくあります。それは、費用対効果を生み出し、無駄を省くためにこそITは活用されるべきですし、クライアントさまの潜在的なお悩みも含めた課題にこそ、利益・発展をシステム的側面からお手伝いできるパートナーとしてのJPCの存在意義があるからです。
今後も、JPCのシステム開発事業は、常にクライアントさまのお役にたてるパートナー企業であるべく、日々クライアントさまのお悩みや課題の中からそれらを解決できるような、システム開発研究に取り組んでまいりたいと思います。そして、多くの自社製品リリースも行っていきたいと思っています。

システム開発について詳しくはこちら

System 業務効率を改善し、利益を生むシステム開発。 商品開発部 斉藤 裕

広告制作にかける想い。

JPCのセクションリーダーが語るプロフェッショナルの現場。