セクションのご紹介 広告制作にかける想い。

ABOUT US 会社概要

Copy Writing はじめに、コトバありき。 チーフコピーライター 平井昌樹

はじめに、コトバありき。
“言葉”を大切にする会社でありたい

広告には、紙媒体、Web、映像など、あらゆる媒体がありますが、全てに共通しているのは、「絵」と「コトバ」で伝えているということです。JPCはその中でも“まずはコトバありき”という考え方で、コピーを重視した広告づくりを行っています。
「どの色が好きか」「どの絵が好きか」といった個人の感覚や主観に頼っていては、百人百様の好みがあって収拾がつきません。プロモーション成功のためには、見た目がキレイなだけではなく、ターゲットを定めて、どうすればその人たちを動かせるのか、という観点で徹底的に考え抜くことが不可欠です。その際に、売り方・見せ方を決定づけるロジックやコピーライティングが、チカラを発揮するのです。
だからJPCでは、はじめにコトバありき。ビジュアルももちろん大切ですが、あくまでも広告の方向性を決めるロジックを優先させています。このような「コトバを先行する広告」を、僕たちは「背骨のある広告」と呼び、このスタイルを貫いています。

無限にあるビジュアルの中から
コピーのチカラで方向性を規定

コピーとは、ビジュアルに合わせたコトバではなく、「ビジュアルを規定するもの」でなければいけません。たとえば「ハードなタッチのコピーなのに、ビジュアルは萌えキャラ」なんて、そんな広告おかしいですもんね?(笑)
ターゲットを定め、ロジックを組み立てて書かれたコピーによって、無限にあるビジュアルの方向性を「これで行こう!」と決める。そうして生まれたキービジュアルこそが、「フォーマットデザイン」となって、人を集め、人を動かすプロモーションの核となれるのです。これは、どんな媒体で表現するとしても変わらない、一番重要なことなんですよね。
だからこそJPCでは、コトバの研究、そしてコピー部門への人材投資を惜しむことはありません。

マルチメディア志向
新次元のコピーワークを

「ワンストッププロモーション」を提供し、「デザインの領域を拡げる」JPC だから、コピーライターも各メディアに精通した上で、それらに適した言葉を操れるスキルが必要になってきます。
たとえば、同じプロモーションの中でも、紙媒体のカタログとWebのライティングでは、それぞれに特性があって、意識しなければならない点が異なります。またWebはWebでも、たくさんの人に伝えるWebサイトと、ターゲットを絞ったランディングページとでは、コピーワークが変わってくるんです。
これからは、メディアに縛られていては、通用しないんですよね。
だから、JPCのコピーライターは、メディアをコントロールできるコピーワークのため、日々コピーの勉強とともに、メディアの研究・追求を積み重ね、めまぐるしく変化するニーズに対応しています。

コピーライティングについて詳しくはこちら

セクションのご紹介 広告制作にかける想い。

広告制作にかける想い。

JPCのセクションリーダーが語るプロフェッショナルの現場。