お気軽にお問い合わせを 東京窓口 03-6206-6466 関西窓口 075-365-0571 03-6206-6466 075-365-0571

お問い合わせフォーム

MovieSectionブログ

デジタルサイネージ【駅内サイネージ】

2015年12月28日

現在、デジタルサイネージ広告は街のあらゆる場所で見かけるようになりました。

 

大型ビジョン、電車内ビジョン、駅内サイネージ、店舗内サイネージなど、様々な場所で動画広告を目にします。

その中で駅内サイネージは駅内の柱にモニターが縦に設置されており、足を止めることなく歩きながら視聴することが出来るため、高い広告効果が期待されています。

 

駅内サイネージの動画広告は

■立ち止まって映像を見ることは少ない。

■歩行時に視聴されることが多い。

 

最近では動画広告を視聴後、スマートフォン、タブレット端末で検索しやすいキーワドを動画広告に常に表示しておくことで、「動画広告視聴」→「スマートフォン、タブレット端末での検索」への流れを作る動画広告が増えています。

特に、駅内サイネージは柱にモニターが縦に設置されている為、お手持ちの動画をそのまま放映した場合、上下に黒帯が入ります。

その黒帯部分を利用してキーワドを入れる映像制作が今増えてきています。

 

JPCではデジタルサイネージ用の映像制作も行っています。

デジタルサイネージで動画広告放映の際は、お手持ちの映像をそのまま放映するのではなく、空きスペースを上手に利用し、今までよりもより一層効果があがる動画広告の検討をしてみてはいかがでしょうか。

151229_Blog.jpg

CONTACT 映像制作の依頼・お見積り・ご相談はJPCにお任せください

JPCでは映像制作に関するあらゆる事案に社内一貫体制で即座に対応。
各種見積もり、ご相談、また制作事例の詳細についてもお気軽にお問い合わせください。

問い合せフォームからのご相談はこちらへ