お気軽にお問い合わせを 東京窓口 03-6206-6466 関西窓口 075-365-0571 03-6206-6466 075-365-0571

お問い合わせフォーム

Graphicセクション-スタッフブログ

【デザインの裏側】ARを取り入れたカタログ制作のご紹介

2018年5月 7日

こんにちは。今回は、前回ご紹介したカタログの企画についてご紹介します。
ssk_1st_H01.jpg
このカタログでは、最新技術のARを取り入れた面白い誌面企画をしました。

ARとは、Augmented Reality(拡張現実)の略で
ヒトが目で見た世界に情報を付加する技術です。


■従来のカタログの弱点

従来のカタログでは、製品正面の画像は大きく掲載されていますが、
読者様にとっては、
「店頭で実際の商品を見てみないとわからない。写真に写っていない角度も確認したい。」
と思われることがあるのではないでしょうか。

ssk_1st_P01_P02.jpg

ssk_1st_P05_P06.jpg


■3D技術で商品をしっかり見せる

そのような紙媒体の弱点を、ARの技術を取り入れることによって克服しようと企画しました。
専用のアプリをダウンロードし、カタログ内のアイコンにスマートフォンをかざすと、
製品の3D画像が飛び出すという仕掛けになっています。

  DSC_5997.JPG
カタログ内のアイコンにスマートフォンをかざします。

IMG_1950.jpg
スマホ画面上に、このような3Dの製品イメージが飛び出します。


DSC_6001.JPG
タップして回転、拡大縮小することができます。

3Dのイメージは、360度回転したり、拡大したりして見ることができるので
カタログだけでは伝えきれない訴求ポイントを補って伝えることができます。
また、今回は利用していませんが、3D以外にも動画音声を流すこともできます。

こちらのカタログに掲載の製品・イメージ撮影も弊社スタジオにて行いました。
もちろん、3DCGの制作も自社で行なっております。

従来のカタログやパンフレットに飽きてしまった企業さま、
新しい切り口での訴求をご希望の担当者さま、是非JPCにご相談ください。
お客様のご要望に合わせて、幅広いご提案をさせていただきます!

■JPCならすべてがワンストップ
JPCでは、コピーライター、グラフィックデザイナー、CGデザイナー、
あらゆるクリエイティブのプロフェッショナルがそろっています。
すべて自社内で作業を行うため、3DCGチームとも連携がスムーズ。
早く、低予算で高品質の制作を進めることが可能です。
京都、大阪はもちろん、東京事務所もございますので、
都内のお客様もお気軽にご相談ください!
詳しくは、WhyJPCをご確認ください。
また、3DCGについては、ネット注文も可能です。
CGMAKERSのページもご覧ください。

CONTACT \まずは気軽にお問い合わせください!/ カタログ、店頭什器、展示会などに関するご依頼・見積もり・相談は今すぐこちら

JPCでは広告制作に関するあらゆるご相談に社内一貫体制で即座に対応。
ご依頼・見積もり・各種相談は、まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合せフォームからのご相談はこちらへ