お気軽にお問い合わせを 東京窓口 03-6206-6466 関西窓口 075-365-0571 03-6206-6466 075-365-0571

お問い合わせフォーム

Graphicセクション-スタッフブログ

【デザインの裏側】カタログ用イラスト制作、キーワードは仲間・部活

2017年1月18日

スポーツ用品メーカー会社様からご依頼いただいた、製品カタログ表紙用のイラスト制作についてご紹介させていただきます。
今回は「学校指定ジャージ」を取り扱ったカタログということで、『爽やかさ』『仲間』『部活』をキーワードに制作を行います。


1.イラストラフは3案でご提案
まずはキーワードをもとに、メインイメージのラフを制作します。「爽やさ」をイメージしたA案、「アクティブさと機能性」をイメージしたB案、「仲間との一体感」をイメージしたC案を作成。それぞれテーマに合わせてイラストのタッチも変え、3案をご提案しました。先方でご検討頂いた結果、A案に決定しました。
1610_jpc_im_1.jpg

2.アニメタッチを意識した線画の作成
ラフをもとにフォトショップで線画を描いていきます。今回はラフ以降は全てデジタルで作業を進めていきます。「アニメタッチにしたい」とのご要望頂いていたので、はっきりとした線を意識しました。かといって硬いイメージにもなりすぎないよう、少しザラッとした質感のペンで描きます。

1610_jpc_im_2.jpg

この時見えない部分もしっかり描いておくことで、人物の移動など後の修正にも対応できるようにしておきます。

1610_jpc_im_3.jpg

3."華"のある着彩
パーツごとにレイヤーを分けて色を塗っていきます。肌の色、髪の色などを微妙に変えて、それぞれの人物の個性を出していきます。アニメタッチを意識して、はっきりとした影をつけていきました。また、影だけでは平坦な画面になってしまうので、所々にハイライトを入れ、立体感や華のある画面にしていきます。

1610_jpc_im_4.jpg

特に、人物が着用しているジャージに関しては実際の商品になるので、実物を見ながら細かい部分まで描き込んでいきます。

1610_jpc_im_5.jpg

4.リアリティを生み出す背景画制作
ラフの段階では陸上競技場をイメージしていましたが、ご要望により学校のグラウンドに変更いたしました。背景はイラストにリアリティを持たせるために重要な部分となりますので、資料を見ながら丁寧に描いていきます。日光に当たった建物、植木など、光の色合いの表現にも気を配ります。人物を立たせるために、線画を描かずに進めていきました。

1610_jpc_im_6.jpg

このような工程を経て、全体を一通り描き込んだ後に、色合いを調整して完成です。表紙イラストを誌面デザインに落とし込んだものがこちらになります。学校指定ジャージのカタログらしい、爽やかな表紙になりました。また、今回はカタログ表紙だけでなく、中面のイラストも担当させていただき、統一感のあるカタログになりました。

1610_jpc_im_7.jpg


JPCなら広告制作に関する様々なクリエイティブがワンストップ
イラストはカタログ制作はもちろん、様々な広告制作物に欠かせないクリエイティブになります。今回はアニメタッチでのご依頼でしたが、イラストレーション的なもの、また工業的な精巧なイラスト、3DCGまで様々な作画を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

他にもJPCではグラフィックデザイナーや、映像ディレクター、コピーライター、プログラマー、システムエンジニアなど、専門的なスキルを持ったクリエイターが揃っているため、デザインはもちろん、撮影やWeb制作、映像制作など様々なクリエイティブのご依頼にワンストップでお応え致します。
大阪、神戸はもちろん、東京及び首都圏のお客様にも東京営業所がございます。まずはお気軽にご相談ください!

より詳しい内容は「各種パンフレット/DM 商品カタログ」もご覧ください。

CONTACT \まずは気軽にお問い合わせください!/ カタログ、店頭什器、展示会などに関するご依頼・見積もり・相談は今すぐこちら

JPCでは広告制作に関するあらゆるご相談に社内一貫体制で即座に対応。
ご依頼・見積もり・各種相談は、まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合せフォームからのご相談はこちらへ