お気軽にお問い合わせを 東京窓口 03-6206-6466 関西窓口 075-365-0571 03-6206-6466 075-365-0571

お問い合わせフォーム

Graphicセクション-スタッフブログ

【デザインの裏側】ドラッグストア用の什器デザイン

2016年12月13日

JPCでは、ある酒造メーカー様の開発されたスキンケアシリーズの紙什器やPOPを継続して制作させていただいています。
今回は、そのシリーズから新たに発売される商品の紙什器の制作に関するお話。ではさっそく、制作フローをご紹介させていただきます。

①店頭リサーチ
まず、制作する紙什器がどのような目的のものなのか、仕様に条件があるのかなどの情報をうかがいます。今回は、全国のドラッグストアで使用されるとのことでした。

それを踏まえて、制作スタッフで市場調査へ向かいます。
目まぐるしく変化する紙什器の流行。立体的な仕掛けや、さまざまな素材との組み合わせで、多種多様な紙什器があります。なので、紙什器そのもののデザインはもちろんのこと、店頭での什器の使われ方や見え方などもしっかりリサーチしました。


②什器設計&デザイン
使われ方やコストを考慮し、什器設計を行うスタッフと意見交換しながら、最適なデザインを検討します。
このスキンケアシリーズの商品は、以前から紙什器やPOPを継続してご発注頂いているため、シリーズのイメージや商品特長を理解できていたり、情報やデータの共有がスムーズに行える強みがあります。
ですので今回は、シリーズ全体のこれまでのイメージを大切にしながらも、目新しいポイントをしっかりと伝えられることを意識し、2案のデザインをご提案いたしました。

ご提案したのは、こちらの2案です。

●シリーズのイメージを大切にしたデザイン案
A.jpg

●新しいアプローチで目立たせるデザイン案
B.jpg

また、完成形をイメージしやすくするため、原寸大の什器サンプル(ホワイトダミー)もご用意しました。


調整
弊社のデザイン案「A案」をご採用いただきました!
デザインの方向性が決まった後は、先方のご要望に沿って什器設計と連携しながらデザイン調整を行います。
店頭の陳列棚に応じて、差し換え可能なPOPのサイズバリエーションを用意することとなりました。その後、関連POPも制作させて頂いています。

saisyu_A_1.jpg


saisyu_A_2.jpg


JPCのワンストッププロモーションが生み出す
驚きのコストパフォーマンス!
JPCではデザインだけでなく、カメラマンが常駐する自社撮影スタジオ「ワンストップスタジオ」での撮影、またモデルやスタイリストの手配まで、制作に関するあらゆることがワンストップで完結します。担当者様の手間が省ける他、スピード、価格ともに驚きのコストパフォーマンスをご提供します。
さらに、カタログ等のデザインはもちろん店頭ディスプレイ制作、映像制作、Web制作、Web広告運用から3DCG制作、システム開発まで、約40名のあらゆる分野の制作エキスパートがお客様のご要望を全力でバックアップいたします!プロモーション全体のプロデュースもお気軽にお任せください。大阪、神戸はもちろん、東京及び首都圏のお客様にも東京営業所がございますので、まずはお気軽にご相談ください!
詳しくは「オリジナル什器」ページもぜひご覧ください。

 

CONTACT \まずは気軽にお問い合わせください!/ カタログ、店頭什器、展示会などに関するご依頼・見積もり・相談は今すぐこちら

JPCでは広告制作に関するあらゆるご相談に社内一貫体制で即座に対応。
ご依頼・見積もり・各種相談は、まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合せフォームからのご相談はこちらへ