お気軽にお問い合わせを 東京窓口 03-6206-6466 関西窓口 075-365-0571 03-6206-6466 075-365-0571

お問い合わせフォーム

Graphicセクション-スタッフブログ

【デザインの裏側】展示会用バナーの制作について

2016年1月21日

大阪に本社を置く環境試験機メーカー様からのご依頼で、海外の展示会で使用するロールアップバナーデザインを担当させていただきました。

サイズは幅85センチ×高さ2メートル。それだけで見れば身長よりも高い大きなものですが、大型機械がずらりと並ぶ広い展示会場の中に置いてみると、ごく普通のサイズです。
なので会場で埋没しないよう、はっきりわかりやすいデザインをする必要があります。
はじめの打ち合わせで提示されたお客様からのご要望は、
① 2枚ひと組で作成
② 自社製品をそれぞれ3点づつ掲載する
     
というものでした。


ロゴやコピーと製品写真を組合せてそのまま並べたのがこちら。
gazo_1.jpg

あまりに素っ気なく物足りませんね。とはいえ過剰にデコレーションしてしまうとゴチャゴチャしてわかりにくくなりそうです。

展示会バナーは、来場者が遠目でも「あ、あの会社だ」とすぐに分かってもらえるような「旗」あるいは「看板」としての役割を担っています。上の作例では、整然とはしているもののどこにも引っかかる部分がありません。
そのために、ここに大きな「キービジュアル」を加えます。また、今回のように製品写真を掲載する場合は、製品そのものが会社の「顔」であり「看板」となるでしょう。なので、製品写真ももっと強調して前面に打ち出したい。
また、せっかく「2枚ひと組」なので、並べた時にコントラストが出るようにすれば、単調さを解消することができるのでは...。
など、色々な角度から検討を加えた展示会バナーがこちらです。

gazo_2.jpg

下半分に配置した、二重の環の一部のように見える模様は、社名ロゴの一部分をトリミングしたものです。
実はこれ、同社の他の販促物にも多く使われている"シンボル"のような存在なので、ここでもキービジュアルとして採用することにしました。
この案をベースにし、ロゴや文字の大きさなど全体のバランスに注意しながら、さらに調整していきます。

gazo_3.jpg

基本的なレイアウトはほぼ同じですが、コピーの配置を変えてみたり、あるいは背景をグラデーションにするなど、いくつかのバリエーション案を提案させていただきました。

最終的に決定したのがこちらになります。

gazo_4.jpg

「紺×白」というキーカラーは守りつつ、もうひとつの主要色である「オレンジ」(社名ロゴに使用されている色)をカウンターカラーにすることでコントラストをつけました。同系色だけでまとめるよりもインパクトが強くなり、華やかさも増したと思います。


JPCでは今回ご紹介した展示会バナーだけでなく、パンフレットや各種POPの制作、展示会場で使用する映像の制作、また展示会のブースデザインも承っております。大阪、神戸はもちろん、東京及び首都圏のお客様にも東京営業所がございますので、多くの企業様にお取引させて頂いております。まずはお気軽にお問い合わせください。

展示会&ブースデザインの紹介はこちらです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

CONTACT \まずは気軽にお問い合わせください!/ カタログ、店頭什器、展示会などに関するご依頼・見積もり・相談は今すぐこちら

JPCでは広告制作に関するあらゆるご相談に社内一貫体制で即座に対応。
ご依頼・見積もり・各種相談は、まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合せフォームからのご相談はこちらへ