お気軽にお問い合わせを 東京窓口 03-6206-6466 関西窓口 075-365-0571 03-6206-6466 075-365-0571

お問い合わせフォーム

Graphicセクション-スタッフブログ

ショーウィンドーのデザイン

2014年10月24日

展示会デザインを担当しているハセピョンです。
今回は、ショーウィンドーのデザインについて 簡単にお話したいと思います。


クライアントさまは、 大手生活家電メーカーさま
本社の3つの連続した窓と、別館ショールームの窓際スペースの展示についてご依頼をいただきました。
ここは、商品である様々な生活家電を展示するスペースです。

ではここから、実際の展示ができるまでを振り返ってみたいと思います。



①デザイン 
本社とそのすぐそばにある別館のショーウィンドーなので、 商品を売るためというより、企業イメージや企業紹介のための装飾です。
それと年2回の装飾変更なのでショーウィンドーデザインによくある季節感の表現はNG。

それらを踏まえて今回テーマにしたのは「登場」です。
舞台の「どんちょう」をイメージしたビジュアルで 主力商品である炊飯器(14万円!)の高級感と新登場感を表現しました。 色鮮やかな高級感は、高品質でカラフルな製品を作り続ける企業イメージとも合致します。


こちらが制作したパースです。
別館_パース_3.jpg




②施工
ショーウィンドーの装飾は現場での施工時間も限られているので、 システマチックに装飾変更できることも重要です。
メインビジュアルは、バナーを連続して吊るすことで大きなビジュアル面を作ります。
こうすることで少人数、短時間で背景の取りかえが可能です。




③3層のビジュアル
本社のショーウィンドーではビジュアルに奥行きを作り出すために、3層になっています
背景のバナー、その前に透明フィルムのバナー、 そして一番手前の窓ガラスにも透明フィルムを貼っています。
こうすることでビジュアルに深みや柔らかさを作り出しています。


こちらが制作したパースです。
大阪本社_右_4.jpg大阪本社_左_4.jpg大阪本社_中_4.jpg




④動画  
別館のショーウィンドーではテレビCMを映写しています。
プロジェクターを使い、窓ガラスに貼付けた 「リアプロジェクションフィルム」に映し出す仕組みです。
窓ガラスに貼付けた薄いフィルムに映像が写し出されるので、 液晶テレビで映像を流すよりもシンプルで軽快な感じがし、 ディスプレイ全体の雰囲気を崩しません。




⑤完成
こちらが別館ショーウィンドー!!
別館.jpg



そしてこちらが本社のディスプレイです!!
本館_左.jpg本館_中.jpg本館_右.jpg


おおむねイメージパースの通り、出来上がりました。
ビジュアルを印刷した各素材の色の発色具合や、透け具合もほぼ予想通りでした。
ただ大通りに面したショーウィンドーなので、 その時の太陽光の加減、天候や窓ガラスに移り込む景色で見え方も変わってきます。
写真で見ると、ガラスに写り込んだ景色がうるさく感じられるのが残念ですが・・・


それでは、今回のハセピョンからのお話は以上になります!
ありがとうございました。

CONTACT \まずは気軽にお問い合わせください!/ カタログ、店頭什器、展示会などに関するご依頼・見積もり・相談は今すぐこちら

JPCでは広告制作に関するあらゆるご相談に社内一貫体制で即座に対応。
ご依頼・見積もり・各種相談は、まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合せフォームからのご相談はこちらへ