お気軽にお問い合わせを 東京窓口 03-6206-6466 関西窓口 075-365-0571 03-6206-6466 075-365-0571

お問い合わせフォーム

Graphicセクション-スタッフブログ

POPについて

2013年11月 8日

みなさんはじめまして。
四十路間近にして日々悶絶デザイナーの"TON"です。


さて、今回のテーマは"POP"
主に店舗・商店等で、商品を訴求したいときの販促のツールとして家電量販店やドラッグストアなんかでは特に良く目につくアレです。

一概に"ポップ!"と言ってもノボリやタペストリ、等身大POPといった大型のものからプライスカードやパッケージに貼付するシールといった小さなもの。
また、動いたり光ったりするものもあれば小型モニターで動画による訴求〈J-movista〉など形状も素材も仕様も様々です。

 popn1.jpg

 

そんなPOPに課せられた任務とは、優秀な営業マンたれ!」
信じがたくも「消費者の86.5%が店頭で商品を決定している」というデータがあるのですが
そこからも読み取れる様に消費者は欲しい"モノ"を求めて店頭へ、そこで数有る"モノ"から"コレ"を選ぶ、
または何となく訪れた店頭で気になった"コレ"を手に取っているのです。


なのでPOPは、同様の商品が並ぶなか、いかにそのエリア内で目に付き、消費者の足を止め商品の良さを伝え、アクションに繋げられるかといった一連の販促行動のなかで対消費者との最後の直接対決をまかされた"大将"といったところでしょうか。

そのPOPが優れた営業マンであれば何となくな"いつものアレ"よりも"コッチ"を選ばせるチカラがあるのです。

popn2.jpg

写真は、弊社の優れた営業マンの中川君です。POPも彼のような働きが必要とされているわけです。


仕事がら一日の大半をPCの前で過ごす僕は、月イチペースで目薬を消費します。

ドラッグストアの前を通りかかった僕は
「そうだ目薬を買っておこう!」と店内へ。

目薬の棚を見ながらどれにしようかと、悩む。

疲れ目だとか目のかすみだとかドライアイだとか、似たような言葉がずらりと並んだパッケージに書かれていて、悩む。

そんななか、ポヨン!と飛び出したスウィングPOPには

"PCによる疲れ目に!"の文字が。

僕は迷わず手に取るでしょう。

数有る目薬からPOPの効果により消費者が商品を決定した瞬間です。


多くの消費者の目にとまらせる事も重要かもしれませんが、ターゲットを明確に絞って訴求することも大切です。
絞ることで母数が減るかもしれませんが
狙った層には、強くアピールすることができるのです。

そういった意味ではネーミングやパッケージにも大きな役割がありますね!


では今回はこのへんで。
次の僕の記事ではPOPの制作について少しご紹介出来ればと思っております。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

CONTACT \まずは気軽にお問い合わせください!/ カタログ、店頭什器、展示会などに関するご依頼・見積もり・相談は今すぐこちら

JPCでは広告制作に関するあらゆるご相談に社内一貫体制で即座に対応。
ご依頼・見積もり・各種相談は、まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合せフォームからのご相談はこちらへ