お気軽にお問い合わせを 東京窓口 03-6206-6466 関西窓口 075-365-0571 03-6206-6466 075-365-0571

お問い合わせフォーム

Graphicセクション-スタッフブログ

営業サポートツールができるまで

2013年8月30日

皆様こんにちは。入社3年目、デザイナーのしんちゃんです!
今回は、私が手がけさせていただきました
大阪の総合商社様のお仕事について書きたい思います!

突然ですが、これ何だか分かりますか?

10-1.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・

実は、これは陸上競技場などで使われているトラック材で、
主要な国際大会(みんなが知っているあの大会です!)のトラックに連続して採用されているモノスゴイ商品なんです!

10-2.jpg


今回は、このトラック材を販売するための営業ツールについてのお話です。

普段、クライアント様は、このサンプル商材をビニール袋に入れて、
様々な陸上競技場や、学校に営業に行かれて商談されているのですが、
「見栄えがよく、もっとアピールしやすい営業ツールを作って欲しい」とのご依頼を今回頂きました。

【制作1:ツールの形状の決定】
まずは、ツールの形状を考えていきます。
「丈夫で持ち運びやすく、商材を手に取ってもらえて
尚かつスムーズに商品の説明ができることで商材の魅力が最大限に伝わるサンプルBOXの提案をさせていただきました。

10-3.jpg  10-4.jpg

BOXを開けるとサンプル商材のオモテ面とウラ面が入っていて、取り外し可能です。
サンプルは手のひらサイズにし、両手でおもいっきり触っていただけるサイズにしました。
中面には商品の詳細が記載された製品パンフレットが貼り付けれるようになっています。


【制作2:ツール(BOX)のデザイン】
クライアント様にヒアリングを重ねて、イメージを膨らませていきます。
ヒアリングはとても大事で、例えば「カッコイイデザインでお願いします」とご要望があっても、人それぞれ頭に描いてるイメージは様々なので、会話の中からクライアント様がどういうデザインを求めていらっしゃるのか考えていきます。

まずはBOXの表面デザインを固めて行きます。

10-6.jpg10-8.jpg


表面が決まると、他の面もデザインして行き、BOXの完成です。


【制作3:中面-製品パンフレット】
次に、中面に貼り付ける製品パンフレットの作成です。
今回の場合はターゲットが決まっているケースなので、「どうしたらこの商品を導入していただけるか?」とヒアリングを重ね、この製品の特長や仕様、過去の実績など、様々なセールスポイントをまとめていきます。

 10-10.jpg

10-11.jpg


パンフレットが完成すると、サンプルBOXに貼付けて完成です!

10-12.jpg10-13.jpg


クライアント様にも大変喜んで頂き、がっちりと握手!
何事にも代えがたい至福の瞬間です!

クライアント様の営業活動を陰で応援しながら、今後も、クライアントと商品が抱えるあらゆる課題を、解決に導いていけるよう、私も頑張りたいと思います!

それでは、最後まで読んでくださってありがとうございました。

しんちゃんでした!

 

CONTACT \まずは気軽にお問い合わせください!/ カタログ、店頭什器、展示会などに関するご依頼・見積もり・相談は今すぐこちら

JPCでは広告制作に関するあらゆるご相談に社内一貫体制で即座に対応。
ご依頼・見積もり・各種相談は、まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合せフォームからのご相談はこちらへ